遺品査定士の社会貢献とは

循環型社会や3R(リサイクル・リユース・リディース)が広まるにつれ、社会全体で”使えるものは長く使いたい”、”誰かが利用できるなら、その方に渡したい”と言う気持ちも大きくなり、遺品整理業においても、「再利用できる物は、買い取ってもらいたい」と言う要望・ご依頼が増えております。

ごみ・廃棄物として、処分されるものが減少し、利用できるものが最大限、利用されるようになっていくことは、社会にとって有益なものです。

しかしながら、一方で、特に訪問買取については、トラブルが絶えないという近況もあり、少しでも遺品査定士として社会に貢献できればと思います。
画像の説明
a:1084 t:1 y:0

コメント


認証コード1551

コメントは管理者の承認後に表示されます。