債務超過でも家族にお金を残す方法

生命保険

債務(借金)が財産を大きく上回っていて、今まで世話になった家族に何も残してあげれない、何か良い方法がないのか・・・とお考えの方対象の情報です。
 債務超過の場合、通常であれば相続人は相続放棄の手続きを取ります。そうすると、被相続人の借金(債務)を負うこともない代わりに、財産も受け継ぐことができません。しかし、生命保険・死亡退職金に関しては、債務放棄をした場合でも相続人が受けることが可能なのです。
 このことを上手に活用すれば、債務超過の人も相続人に財産を残してあげることも可能です。これを利用した場合の税金の扱いとしては、相続税の課税対象になります。しかし、相続税の基礎控除(5000万円+法定相続人×1000万円)を利用することができますので、基礎控除額内であれば、相続税がかからずに死亡保険金を受け取ることも出来るのです。(※相続放棄をした場合には、法定相続人×500万円の非課税枠は利用することができません)
a:1218 t:1 y:0

コメント


認証コード3317

コメントは管理者の承認後に表示されます。