「生前整理」はなぜ今、注目される背景

別冊宝島「60歳からの生前整理」からの要約

高齢者向便利屋

「もったいないは」第二の人生を幸せにしない。高度経済成長の時代、モノを所有することは幸せの象徴であったが、大量消費社会と言われる現代において、それは幸福とは直接結びつかない。しかも高齢になるにしたがって、整理は体力的にも精神的にも、どんどん難しくなってくる。それに気が付いた人々が「60歳」くらいから「整理」を始め、スッキリと第二の人生を送ろうという働きを起し始めた。これが「生前整理」。
高齢者支援サービスは此方

「生前整理」が注目される背景

  • 平均寿命が80歳をこえた
  • 大量消費社会と「もったいない」という気持ち
  • モノに囲まれることが「必ずしも幸せでない」という気づき

家族の気づき

  • 実家にモノが多すぎて、親の足元があぶない
  • 遺品整理の経験から、自分の時は早めに片付けたい
  • 自分の時は、子供に迷惑をかけたくない

本人の気づき

  • 新しいことにチャレンジしたい
  • 老人ホームに持って行ける荷物はわずか
  • 自分で動けるうちに、片付けなければというプレッシャー

a:1340 t:1 y:0

コメント


認証コード8653

コメントは管理者の承認後に表示されます。